飲みやすい青汁

ロゴ
トップページ
<青汁のイメージ>
テレビコマーシャルの影響もあって認知度の高い健康食品の青汁ですが、青汁を飲んだことのある方や成分、青汁 効果、効能について詳しく知っている人はあまり多くはないかもしれません。 緑黄色野菜をすりつぶして搾り汁にしたものを総称して青汁と呼びます。青汁に使用される緑黄色野菜はケールや緑茶、桑の葉、ヨモギ、ゴーヤ、明日葉など様々ですが、すべてに共通して言えるのは栄養素や食物繊維を豊富に含んでいることです。このため普段の食事からは十分に摂ることの出来ない栄養素や食物繊維を青汁を飲むことで簡単に補うことが出来ます。 現在、日本では食の欧米化が進んで全体的に深刻な野菜不足となっています。昔は健康長寿の国として有名でしたが、今では脂質異常、高血糖などの社会問題も浮上しています。 青汁の原料となる緑黄色野菜によって含まれる栄養素は異なりますが、他の食品に比べてビタミンAやビタミンC、βカロテン、葉緑素などの栄養素を一度にたっぷり摂ることが出来るので、かなり優秀な栄養補助食品と言えます。 青汁はこのように健康を維持するために必要な栄養素が豊富に含まれる健康食品ですが、青汁を毎日継続して飲むことで体質や持病が改善することもあります。必要な栄養素が足りないことで身体の不調が起こっていることもありますので、青汁を飲むことで不足していた栄養分が補われ、ビタミンやミネラルのバランスが良くなって体調が回復するということもあるようです。青汁の原料によって含まれる成分や栄養素が異なりますので、自分の体調に合うものを見つけて摂取することが大切です。また、青汁は栄養素が豊富なのであまり大量に摂り過ぎるとお腹が緩むなど逆効果になることもありますので注意しなければなりません。自分の体調に合った原料を使用した青汁を適量継続して摂ることが大切なのです。 一般的な青汁のイメージとして「美味しくない」「不味い」「飲みにくい」というものがありますが、確かにジュースのように飲みやすくて美味しいものではないかもしれません。健康のために青汁を飲み始めたのにあまりの飲みにくさに継続して飲むのを止めてしまったという方も少なくないようです。しかし今では色々改良されてそのままでも十分美味しく飲める青汁もたくさん登場しています。以前に評判だったものを飲んでみたものの味が合わずに飲むのを止めてしまったという方は、飲みやすい青汁をもう一度試してみてはいかがでしょうか。

<なぜ青汁は身体の良いのか>
青汁は栄養価に優れた植物から作られたドリンクです。 現代人の野菜不足は深刻さを増しており、脂質異常や高血糖などを引き起こす原因として社会問題にもなっています。そこでこの野菜不足の解消に効果的なのが青汁という訳です。青汁は、栄養価の高い植物を細かく粉砕して作られているので普段の食事で調理して食べる野菜よりも多くの量を食べることが出来ます。さらに青汁は体内での消化吸収が良いので栄養分をたくさん摂り入れることが出来ます。 青汁はビタミンやミネラル、フィトケミカル、ポリフェノールなどの有効成分が一般の野菜よりも豊富であるため、身体を健康に維持するための成分を効果的に摂取することが出来ます。また、青汁は単体の栄養素しか含まれていないサプリメントとは異なり、豊富な栄養素の相互作用による効果も期待出来ることも魅力となっています。 そして青汁を飲むことを習慣づけることで毎日身体から失われていく栄養素を補給することが出来ます。水溶性のビタミンは身体が受けたダメージを回復させたり、組織を新しく作ったり、活性酸素を除去したりする重要な働きがありますが、身体に留まることが出来ず、すぐに排出されてしまいます。そのため毎日必要な量を摂取する必要があるのです。ミネラルやポリフェノールも同様に身体に蓄えておくことの出来ない大切な栄養成分です。これらの成分を日々補うためにも青汁は最適な食品と言えます。青汁は時々飲むのではなく、毎日決まった量を飲み続けることが大切です。



Copyright(c) 飲みやすい青汁. All right reserved.